愛知県の土地・戸建て・マンション探し
リフォーム・建築なら夢のおてつだい

  • トップページ>
  • ブログ>
  • 疑問を解決!「親の土地にマイホームを建てる際に気をつけるべきことって?」〜愛知・東三河の不動産・リフォーム ハウスドゥ!/ (株)夢のおてつだい〜

BLOGスタッフブログ

2019.07.06

Q&A

疑問を解決!「親の土地にマイホームを建てる際に気をつけるべきことって?」〜愛知・東三河の不動産・リフォーム ハウスドゥ!/ (株)夢のおてつだい〜

大きなお金がかかるマイホーム。

家本体だけでなく、土地購入にかかる費用も決して安くありません。そんなとき、親の土地を使えるとなれば、土地購入費の負担がなくなり、資金計画にも余裕が生まれます。でも…親の土地にマイホームを建てる際には、贈与税や相続税など税金のことをしっかりと考えておかないと、後から後悔してしまうことに!

 

今日は「親の土地にマイホームを建てる」際に気をつけるべきことを、ハウスドゥ!/夢のおてつだいのハウスエージェントがお教えします!

 

 

Q.親の土地にマイホーム、土地の名義はどうするのが正解?

 

例えば親の持つ土地にマイホームを建てるとき。

土地の所有者名義は①親のまま、②子の名義に変える、の2つのパターンがあります。

 

節税という点からすれば、敷地は親名義のままにしておく①の方法が一番おトクでおすすめです。

その理由は簡単。親の土地に家を建てたとしても、個人間の無償の使用貸借となり、贈与税などは発生しないため!

 

反対に、②の親から土地を譲り受けた際には、無償で土地を譲り受けたとしても、土地の財産評価額によっては、高額な贈与税が子に課税されてしまいます。

もちろん、名義を親のままにしておいたとしても、将来土地の所有者である親が亡くなった際には、相続税が課税されます。けれど親が相当な資産家であるケースを除いて、親の土地に家を建てるなら、親名義のまま家を建て、親が亡くなった時に相続税を払った方が支払う税金や安くなります。

 

 

贈与税や相続税の節税方法は、人によってケースバイケースです。

「あの土地を譲るから、マイホームをそろそろ建てたらどう?」と親から提案されている方は、どうすればいいかまず私たちにご相談ください!

相続税や贈与税に関する知識も豊富なハウスエージェントが、皆様の状況に応じたベストな方法をご提案させていただきます!