愛知県の土地・戸建て・マンション探し
リフォーム・建築なら夢のおてつだい

オンライン相談 お問い合わせ
0120-30-30-80

受付時間 / 9:00 〜 19:00 (年中無休)

BLOGスタッフブログ

2021.08.30

Q&A

マイホームの外構工事どこまでする? 最低限やっておきたいのは〇〇

こんにちは!お客様の「マイホームの夢」をおてつだいする、ハウスドゥ!ゆめてつです。

新築戸建住宅を購入した際や、注文住宅でマイホームを建てた際。結構迷いどころなのが「外構工事をどのくらいするか」という問題です。

今日は、マイホーム購入時、最低限やっておきたい外構工事について解説します!

 

\今日のテーマ/

マイホームの外構工事どこまでする?

 

そもそも家の外構工事とは、一体どんなものを指すのでしょうか?

簡単にいうと、外構工事とは家の外で行われる工事です。

 

例えば、敷地に塀やフェンスを作る。玄関ポーチの外に、門扉・門柱をつくる。

駐車スペースから玄関までのアプローチにコンクリートを敷く。

駐車場・カーポートをつくる。庭に芝生を張ったり、木を植えたりする。

ウッドデッキを作る…。

 

これらは全て、外構工事です。

なんだかたくさんあるように思いますよね。

 

とはいえ、家づくりは予算があるため、全てフルでやるという方は多いとはいえません。

最低限必要な部分をやっておいて、あとは住み始めてからゆっくりと進める。そんな選択をする方も多いのです。

 

ここで考えておきたいのが、最低限やっておきたい外構工事です。

色々ある中で、ぜひ住み始める前に済ませておきたいのが次のような工事!

 

・駐車場や玄関までのアプローチ

・ポスト、表札

・敷地の境界や道路からの目隠しとして、ブロックやフェンス

 

特に車に乗る方の場合。

駐車場が泥のままでは、雨の日にタイヤや車が汚れてしまうばかりか、車を降りたときに靴に泥がついてしまい、せっかくの新しい家が汚れてしまうから。

また、ポストや表札が必要なのは、いうまでもありませんよね。

 

加えて、意外と忘れがちなのが、敷地の境界や道路からの目隠しとしてフェンスや塀を作ること。

特に分譲地の場合、隣の敷地との境界を作っておかないと、後から家ができたときに境界が曖昧になってしまうリスクも。

また、玄関の正面が道路の場合は、ドアを開けた時に家の中が丸見えにならないように、目隠しとしての塀やフェンスが欲しいということもあるでしょう。

 

ゆめてつでは、マイホーム購入時に必要となる、こうした外構工事に関しても、お見積もりから手配までしっかりサポートいたします。

気軽にご相談くださいね!

 

注文住宅で家づくり・土地探しを検討中の方はこちら!

https://yumenootetsudai.com/service/order_house

 

Q&A家づくりに関する疑問はこちらで解決!

https://yumenootetsudai.com/faq

 

愛知県の土地探し・戸建てなら夢のおてつだい

〈土地〉〈新築戸建て〉〈中古戸建て〉〈マンション〉〈注文住宅〉

〈リフォーム〉〈住宅ローン〉〈相続〉〈売却〉〈ライフプランニング〉

夢のおてつだい

◆ 公式Facebook

/ 「いいね」お願いします! \

◆ 公式Instagram

/ 「フォロー」&「いいね」お願いします! \

◆ 公式Youtubeチャンネル

/ ぜひのぞいてみてください \

★LINEゆめてつ公式アカウント★