愛知県の土地・戸建て・マンション探し
リフォーム・建築なら夢のおてつだい

オンライン相談 お問い合わせ
0120-30-30-80

受付時間 / 9:00 〜 19:00 (年中無休)

BLOGスタッフブログ

2022.05.14

ゆめてつノウハウ

家を買うなら知っておきたい不動産マメ知識「耐震等級」って何?

「耐震等級」という言葉は知っていても、詳しく知っている方は少ないでしょう。

そこで、今回は耐震等級について解説したいと思います。

これから家を購入する方や建てる方は参考にしてみてください。

▶︎そもそも耐震等級とは?

そもそも耐震等級とは建物が地震にどのくらい強いかを表すもので、

住宅の性能を表示するため、2000年に制定されました。

ただ、義務付けされているものではないため、全ての家に耐震等級を受ける必要はなく、

建築基準法を満たしていれば建築許可がおりることになっています。

また、制定される以前に建設された家には耐震等級の評価書がついていないため注意が必要です。

▶︎耐震等級は3段階

住宅の耐震性能を表す耐震等級は3段階に分かれています。

数字が大きければ大きいほど耐震性能が高く、小さいと低くなります。

つまり、最も耐震等級が高いのは「耐震等級3の家」。

耐震等級ごとの耐震性能の目安は以下のとおりです。

 

(1)耐震等級1 

数百年に1度起こるレベルの大地震(震度6強~7程度)に対し

崩壊や倒壊の危険性がない耐震性を備える住宅を指し、一般的な住宅や戸建住宅が当てはまります。

 

(2)耐震等級2

耐震等級で想定する1.25倍の地震が起きても崩壊や倒壊しない耐震性を持つ建物を指します。

学校や病院など公共性の高い施設と同等の住宅となります。

 

(3)耐震等級3

耐震等級1で想定する1.5倍レベルの地震が起きても崩壊、倒壊しない耐震性を持つ建物を指します。

警察署や消防署などと同レベルの耐震性を持つ住宅ということになります。

なお、耐震等級1の住宅なら建築基準法の基準を満たすとされています。

 

▶︎家を建てるなら耐震等級はどう考えれば良い?

最近では、耐震等級3をうたうハウスメーカーや工務店がほとんどになってきています。

さらに安心を担保したいなら、耐震等級だけでなく、きちんと構造計算をしているか

確認してみることも大切なポイントです。

ゆめてつでは、建築事業部ここすもハウスをはじめとし、お客様の予算や

ご希望に合わせたハウスメーカーのご紹介も可能です。

家づくりをこれから始めるなら!まずは夢のおてつだいにぜひご相談ください! 

愛知県の土地探し・戸建てなら夢のおてつだい

〈土地〉〈新築戸建て〉〈中古戸建て〉〈マンション〉〈注文住宅〉

〈リフォーム〉〈住宅ローン〉〈相続〉〈売却〉〈ライフプランニング〉

夢のおてつだい

◆ 公式Facebook

/ 「いいね」お願いします! \

◆ 公式Instagram

/ 「フォロー」&「いいね」お願いします! \

◆ 公式Youtubeチャンネル

/ ぜひのぞいてみてください \

★LINEゆめてつ公式アカウント★