愛知県の土地・戸建て・マンション探し
リフォーム・建築なら夢のおてつだい

BLOGスタッフブログ

2020.05.23

ゆめてつノウハウ

家の所有権どうする? 〜夫婦共働きの場合〜

これからマイホームを購入しようと思っている方からよくご相談いただくのが、「家の所有権って、夫婦で一緒にすることはできますか?」というご質問です。そこで、今日はマイホームの所有権について、ハウスドゥ !/夢のおてつだいのアドバイザーが詳しく解説!これからマイホーム購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)♪

 

そもそもマイホームや土地を購入する場合。

登記所に土地と建物の登記をする際に、所有権が誰にあるかを決めなければなりません。夫婦でお金を出し合って家を購入した際には、夫と妻、両方に所有権を持たせることももちろん可能です。この際には、所有権の割合を決めて登記することとなります。

 

 

——

(例)3000万円のマイホームを、夫が2000万円・妻が1000万円分出して購入した場合

→家の共有名義が夫と妻となり、持ち分割合は夫が2/3、妻が1/3となる。

——

 

ここで、共同名義でマイホームを購入する際のメリットとデメリットを整理してみましょう。

 

メリットとしては、住宅ローン控除を夫婦それぞれで受けることができます。共働きの方の場合、所得税から住宅ローン負担分を税額控除できる点は、大きなメリットと言えるでしょう♪

 

一方で、注意しておきたいデメリットは、リスクの話。

例えば将来離婚してしまった場合。マイホームを売却しようとしても、夫婦の共同名義となっているので、どちらかが承諾しないと売却はできません。

また、住宅ローンを支払い終える前にどちらかが亡くなってしまった場合、不動産は相続対象となり、遺産分割の際に揉めてしまう可能性もゼロではありません。

 

こんな風に、マイホームの名義をどうするべきかは、ちょっぴり専門的な話も絡んできます。

マイホームの価格や、家族構成などによっても変わってきますので、決める前に詳しい専門家に聞いてみるのが大切!

 

ハウスドゥ!/夢のおてつだいでは、こうしたご相談にも丁寧にお答えしています。

気になる方は、まずは気軽にご相談くださいね!

 

 

愛知県の土地探し・戸建てなら夢のおてつだい

〈土地〉〈新築戸建て〉〈中古戸建て〉〈マンション〉〈注文住宅〉

〈リフォーム〉〈住宅ローン〉〈相続〉〈売却〉〈ライフプランニング〉

夢のおてつだい

◆ 公式Facebook

/ 「いいね」お願いします! \

◆ 公式Instagram

/ 「フォロー」&「いいね」お願いします! \

◆ 公式Youtubeチャンネル
/ ぜひのぞいてみてください \

 

★LINEゆめてつ公式アカウント★

友だち追加