愛知県の土地・戸建て・マンション探し
リフォーム・建築なら夢のおてつだい

BLOGスタッフブログ

2020.10.08

ゆめてつノウハウ

台風上陸!そのときどうする?〜断水時のトイレの使い方〜

9月がピークとなる台風シーズン。ピークを過ぎたとはいえ、10月も台風の多い季節です。

そこで今日は、もしもの台風発生時に知っておきたい防災知識をご紹介。

今日のテーマは「断水時のトイレの使い方」です。

 

▶︎停電・断水でトイレが使えない!?そんなときは…

 

 

停電で断水してしまい、トイレの水が出なくなってしまったら…。焦ってしまいますよね。

そんなときも、備えがあれば大丈夫!

いざというときの対策を知っておきましょう。

 

 

【タンクにレバーハンドルがついているトイレの場合】

 

断水していなければ、レバーを回せば水が流れます。もしも断水していたら、バケツに汲んだ水を便器に直接流し入れましょう。

目安は、6〜8L程度で一気に流しましょう。その後、バケツ半量くらいの水を静かに流してあげるといいでしょう。

 

 

【タンクにレバーハンドルがついていないトイレの場合】

 

レバーがついていないトイレでは、停電時に水をながすための電気が使えないので、断水していなくてもバケツで水を流す必要があります。

バケツ1杯程度の水を便器に注ぎ、流したら、半量程度の水を静かに入れましょう。

 

 

 

台風が接近しているときには、トイレの水用として、あらかじめお風呂に水を汲み置いておくと安心です。

いざというときに慌てないよう、台風対策の一つとして、覚えておきましょう!

 

\台風被害にあったら?/

火災保険を使って、家の修繕がカバーできることもあります。

OB/OG様はお近くのハウスドゥ/夢のおてつだいまでご連絡ください。

保険申請手続きから、修理の見積もり・対応までしっかりサポートいたします。

 

 

愛知県の土地探し・戸建てなら夢のおてつだい

〈土地〉〈新築戸建て〉〈中古戸建て〉〈マンション〉〈注文住宅〉

〈リフォーム〉〈住宅ローン〉〈相続〉〈売却〉〈ライフプランニング〉

夢のおてつだい

◆ 公式Facebook

/ 「いいね」お願いします! \

◆ 公式Instagram

/ 「フォロー」&「いいね」お願いします! \

◆ 公式Youtubeチャンネル
/ ぜひのぞいてみてください \

 

★LINEゆめてつ公式アカウント★

友だち追加