愛知県の土地・戸建て・マンション探し
リフォーム・建築なら夢のおてつだい

BLOGスタッフブログ

2020.11.12

ゆめてつノウハウ

ゆめてつアドバイザーが解説「贈与税のキホンをおさらい!」

こんにちは!ハウスドゥ/夢のおてつだいです。

マイホームや土地を購入する際に、ご両親から資金援助を受ける。そんな予定がある方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今日は、資金援助を受ける際に知っておきたい「贈与税」について、ゆめてつ ハウスエージェントが解説します。

 

 

▶︎贈与税って一体何?

 

消費税や相続税などたくさんの税金制度がある中で、マイホーム購入時に親や親族から資金援助を受けるなら知っておきたいのが「贈与税」です。

 

贈与税とは、人から財産をもらった際に、受け取った金額に応じて支払う必要がある税金。

1年間に合計110万円の贈与までは非課税対象となりますが、それ以上の贈与に税金がかかります。

 

マイホーム購入時には、非課税制度があり、2021年12月末までは両親もしくは祖父母から住宅資金として贈与を受けた場合には、一定の非課税枠が設けられています。

例えば、住宅購入時に親から1,500万円の資金援助をしてもらった場合。2021年3月31日までは非課税枠1,000万円を差し引いた500万円に対して贈与税がかかります。(※)

 

※非課税枠は、時期や住宅の種類によっても変わります。詳しくは、ゆめてつハウスエージェントまでお問い合わせください。

 

 

▶︎マイホーム購入資金の贈与時に考えておきたいこと

 

 

いろいろと、難しくて複雑な制度が多い贈与税などの税金関係。

マイホーム購入は金額が大きいことから、こうした制度についてきちんと知って対策を取ることで、節税効果も高くなります。

 

ゆめてつでは、贈与税の節税にもつながるよう、資金援助を受ける方へのサポートもしっかりとしています。必要に応じて、会計士などもご紹介できますので、贈与税が気になる…という方は気軽にお声がけください!

 

[関連記事]

ゆめてつアドバイザーが疑問を解決!『固定資産税について教えて!』

 

愛知県の土地探し・戸建てなら夢のおてつだい

〈土地〉〈新築戸建て〉〈中古戸建て〉〈マンション〉〈注文住宅〉

〈リフォーム〉〈住宅ローン〉〈相続〉〈売却〉〈ライフプランニング〉

夢のおてつだい

◆ 公式Facebook

/ 「いいね」お願いします! \

◆ 公式Instagram

/ 「フォロー」&「いいね」お願いします! \

◆ 公式Youtubeチャンネル
/ ぜひのぞいてみてください \

 

★LINEゆめてつ公式アカウント★

友だち追加